▼ ワンオペ・シンママも!タワマン子育てがおすすめな理由を読む ▼

第二子、妊娠しました!

こんにちは晴れ曇り
なんだか曇り続きの東京です~
さて、タイトルの件ですが・・・私、実は現在、妊娠3ヶ月です揺れるハート
長男Uクンの時は、かなり動揺した妊娠判明でしたが、産後落ち着いてきたこともあり、
「兄弟作ってあげたいね~」と主人と話していました。
主人は一人っ子なので、特に、Uクンに兄弟をexclamation との気持ちが強かったようです。
なので、8月に入ったら子作りしよっか~と予定していたんです。
(なんとなく、できる事なら早生まれは避けたかった?)
しかし、予定通りにいかないのが人生。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
6月の生理が遅れ・・・
思い当たるフシもあったので、生理が遅れて5日目に検査薬でテストすると、あっという間に陽性反応がexclamation×2
数日後、まだ心拍や胎児が確認できない週数でしたが、子宮内に正常に着床しているか?を診てもらいに受診しました。
その翌週は、沖縄旅行だったので、飛行機は乗っちゃダメって医師に言われたものの、
この頃の流産は胎児側の問題(細胞の組み換え等がうまくいかないなど)だと知っていたので決行飛行機ハートたち(複数ハート)
(ちょっとつわりも始まっていましたが、眠たい欲求が殆どでした。
 なので、しょっちゅうお昼寝して、長男のお世話は全て主人にお任せでしたるんるん
そして先月の検診で、無事、胎児と心拍を確認目ぴかぴか(新しい)
ちょっと予定外でしたが、赤ちゃんは来たいときにやってくるものって言いますし。
Uクン妊娠判明のときより、すんなり受け入れられましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
今はつわりもありますが、Uクンのときほど酷くない感じです。
(Uクンのお世話があるので気が張ってるのかも?)
今後のことを色々と考えたり動かなきゃいけないですが、第二子出産も里帰りせずにこちらで出産予定ですひらめき
今は、つわり脱出までのんびり過ごさせてもらっています。
(Uクンは毎日在宅で退屈しまくってますけどねどんっ(衝撃)
今週、また検診があるので、後日またUPしますねグッド(上向き矢印)
↓ブログランキング参加しています↓
下の3リンクをそれぞれ1クリックお願いします(*’v’*) ブログ更新の励みになります。
夫婦2人で1歳児子育て中☆将来3人子供が欲しいなぁ~と夢描いている私たちの応援をして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 子育てブログ 子宮・卵巣の病気から出産、育児へ  人気ブログランキングへ

4 Comments

kei

おめでとう♪ やったねぇ~(^^♪
上の子を見なくてはいけないから
二人目の子はつわりは 結構楽に終わるかな?
私の時も(かなり昔(>_<))娘の時もそんな感じでしたよ! それにしても 嬉しいニュース♪ ご自愛くださいね(^_-)-☆

返信する
Keeco

私もHPV陽性の判定を先週うけてしまいました。こちらのブログとHPVのホームページも読ませてもらっていろいろ参考になりました!
私の夫は子供が嫌いで私は欲しいのですが、sarryさんの旦那さんも子供が嫌いと書いてあって、でもいまは2人目妊娠中とあって、一人目妊娠したときは旦那さんはどんな心境だったのか、よかったら、おしえて欲しいです!
妊娠すると旦那さんの気持ち変わるんでしょうか?
私の夫は生理が遅れたとき、妊娠したかもしれないとおもって、生理きたら、妊娠してなくてよかったって、言われたんです

返信する
サリィもも

★keecoさんへ★
コメントありがとうございます。
うちの主人は、一人っ子なこともあり、小さい子供や赤ちゃんと触れ合ったことは
自分の子供が初めてでした。
レストランや電車などで他人の子供が騒いでいたり、泣いていたりすると
平気で「うるせーな」と聞こえる声で言うことも・・・
私の姉妹の子供に会った時も、冷たい目で見ていましたよ~(家族も見ています)
ご主人は、結婚して、今後もずっと夫婦2人で生活していくことを望んでいますか?
女性が子供を産める年齢は限られています。
後々、産めなくなった頃になって、「やっぱり1人くらい欲しい」と言われても困りますよね。。
その辺を今一度しっかり話し合ってみてはいかがでしょうか。
(もし、本気で子供要らないというのであれば、私なら一筆取っておきます)
うちは、「sarryが子供欲しくない」っていうのがベストだけど、ずっと2人っていうのも・・・って感じでした。
でも、いざとなると「まだ来年でいいよね~」と私も思っていて、欲しいと思っての子作りはありませんでした。
突然デキて、母、父になる・・・って形でした。
実際子供がデキると、最初は誰でも戸惑うと思います。
私はなるべく育児協力して欲しかったので、検診も妊娠後期まで付き添ってもらいました。
主人は、赤ちゃんの心音を初めて聞いたとき、感動していました。
里帰り出産はせずに、立会い出産もしてもらい、新生児育児から関わってもらうことで
少しでも早く父親としても自覚を持ってもらえるように努力しました。
男性はいつまでも女性に甘えていたいと思いますし、2人の生活が快適であればあるほど
新しい変化を避けたいと考えると思います。
ご主人が子供を嫌いな理由にもよると思いますが、友達や親戚の赤ちゃんに合わせるなどして
反応をみてみるのもいいかと思います。
(主人も、周りで赤ちゃん誕生が増えてきて、少し心構え?ができたようですし)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です